ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

「天気の子」は現実感が増してるのに、ファンタジー設定がフワッとしてる?

流行っている映画は早めに観ることにしていまして。以前、「君の名は。」と、「シン・ゴジラ」を見逃したら、その後テレビ放送まで話題に乗れない病とネタバレに怯える病に苛まれましたからね!笑 個人的には「君の名は。」の方が面白かったかな? 自分のの…

日々のコーヒー代を節約!水出しアイスコーヒーのすすめ。

お茶は沸かして会社に持っていっているのですがね。 節約も大事ですが、気分転換にコーヒーくらいは飲みたい。寒い時期はドリップでホットコーヒー飲んでりゃいいんですが、夏はその気にもならず。自販機でアイスコーヒーを買っていました。 しかしあまり美…

クライマーズハイ

社会的意義のためなのか、会社の利益のためなのか。 いずれにせよ、人が死ぬような仕事を止めて欲しいものです。

ジビエグルメに変態博物館!で、何の話だっけ?笑  ー ゴールデンカムイ / 野田サトル

現代だからこそ出現した漫画って気がしますね。しかし、この話のモチーフはどこから来ているのやら。 時代は19世紀初頭。舞台は日本、北海道。アイヌが隠していた金塊を、運搬のスキをついて、その場にいたアイヌを皆殺しにして奪った男がいた。男は捕まり収…

原美術館 / 争いや事故がもたらした、自然の楽園について考えてみる

品川から徒歩15分。現代美術を展示している、原美術館を訪ねてまいりました。特に理由はなかったのですが、時間があったらフランス人の美術史家のソフィーリチャードさんの著書「フランス人がときめいた、日本の美術館」に紹介されている施設は、一通り行…

岳 / 片山修

本当に久しぶりにマンガを読んでショックを受けた。 たまに読みかじってて、面白いなあとは思っていたんですが、最後まで一気読みしたのは初めてです。 長野県を舞台とした登山と山岳救助の話なんですが、雄大な自然の描写が実に美しい。ほとんどが一話完結…

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(原題:Extremely Loud & Incredibly Close)

9.11のテロで、父親を亡くした少年が主人公の映画。 中々不思議な話だ。父親の遺品の中から、何やら意味ありげな鍵を見つける。数少ない手がかりを便りに、少年は様々な人を訪ね、ついには鍵穴を見つけるに至る。しかし、その鍵の正体は、少年が求めていたも…

惑星のさみだれ、は絵がちょっとね・・。高度なラノベって感じ?

10巻でまとまっていて、絵柄もシンプルで可愛く、とても読みやすい作品ですね。 各所で、“名作”とうたわれていたので読んでみました。

大菩薩嶺に登って来ましたよ

2019年年6月1日に、山梨県の大菩薩嶺に登ってきましたよ。池袋駅に8:00集合でレンタカーで出発。まずここで反省点。高速までにかなり時間がかかった!事故渋滞もあったが、新宿付近を抜けるのに1時間近く(^^;。集合の難易度は増すが、もう少し西の方、下北…

オデッセイ (原題: The Martian) / 監督 リドリー・スコット、主演 マット・デイモン

友人にオデッセイを見たと話したら、「あのじゃがいもを育てる映画か」と言われた。

エリン・ブロコビッチ (Erin Brockovich) /  ジュリア・ロバーツ主演、スティーブン・ソダーバーグ監督 <2000年・米>

中々融通が利かず、短気なシングルマザーのエリン・プロコヴィッチ。しかも無職。ひょんなことから、弁護士エド・ズマリーと知り合い、その弁護士事務所に押し掛ける形で職を得る。派手な格好をし、短期で口が悪いことから中々周囲に溶け込めないが、たまた…

アパート1棟を購入してみた

そんなわけで、直近の私の「迷い」と「決断」は、不動産(投資用)の購入、でした。

クレイジージャーニー

すでにかなり有名になってしまった番組ですよね。MCがまず豪華。ダウンタウン・松本人志と、バナナマン・設楽、それに小池英子。 この3人が、毎回クレイジーなゲストを迎えます。 番組構成は、クレイジーなゲストのVTRがほとんど。そこに3人とゲストの…

王様達のヴァイキング  / 作者: さだやす、ストーリー協力:深見真

ここまで人生に影響を与えたマンガは、実は初めてかも知れない。舞台は現代・東京。有能な人や会社に融資を行うエンジェル投資家・坂井と、コミュ障の天才ハッカー少年・是枝のダブル主人公。 どんなパソコンにも、軽々侵入して攻撃を仕掛けることのできる是…

風が強く吹いている / 三浦しおん

小説では終盤、電車の中で泣きそうになったが、アニメ版はどうか。 結論から申しますと、とても良かったです!小説の思い入れも加味されているかも知れないけど。すでに映画化もされてるし、今更アニメかぁ~って感じもあったけど、スタッフのカゼツヨ愛を感…

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴

いまどきの少年マンガとしては、ちょっと異色な作りですかね。 でもこういう日本の昔の文化が全開のマンガは、定期的に出されて欲しい。 ナルトとかぬらりひょんとか。古くは鬼太郎とか。妖怪とか、忍者系ですね。んで、舞台がちょっと昔っぽいの。 スクリー…

丸山(まるやま)ハイキングに行って来ましたよ

2019年4月20日に丸山に登ってきましたよ。天気には恵まれましたが、道を途中で間違え、初心者向けハイキングのはずが、まさかのスリル満点プチ命がけ登山に(^^;。こんな道、木こりしか行かねーよみたいなとこを通らされたりしました笑。低山は分岐が多くて、…

ボンドルフィボンカフェ(bondolfi boncaffē)@代官山~ガイトーンTokyo@渋谷

カンブリア宮殿で特集してた、DESCENTEの「水沢ダウン」が欲しくて代官山のデサントショップに行ってきました。 結局試着するだけして、ネットで中古で買ってしまった。店員のお姉さん、ゴメン。でも新品と変わらないダウンが、10万→7万の3万円割引はでかす…

マディソン郡の橋 / 主演 クリント・イーストウッド、メリル・ストリープ

不倫映画かぁって感じで見てたけど、観賞後の印象は中々悪くないですね。 見てる途中は二人のご年齢からして、ちょっとヌードも何だかなぁって感じだったんですが。自分の結婚生活や年齢が上がると、感想はとても変わって来そう。時代感のせいか、メリル・ス…

町を離れて、森の中へ  / 駒沢敏器

この人の紀行文は、本当にその地に行きたくなる。 雑誌に掲載された文章をまとめて編集したとのことで、一章完結でそれぞれが短く読みやすい。 国内の色んな地方の、様々な自然やそこを守る人への取材を重ねたもの。 北海道の著名な写真家であったり、農家、…

ラ・ラ・ランド (La La Land) / 監督:デミアン・チャゼル、主演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン

言わずもがなのアカデミー賞受賞映画。地上波でやってたから、初めて見た笑。結論から申しますと、実に素晴らしい映画ですね!映像と音楽が美しい、素晴らしい。ストーリーは陳腐。ただのハリウッド的アメリカンドリームをつかみ取る、サクセスストーリーで…

ねほりんぱほりん

夜にテレビ付けてて気になった番組。何度か見て、これはちゃんと見なきゃいけないかもと自動録画を始めて、今ちょっとハマっています。特筆すべきはゲストの特殊性ですね。よくもまあ、こんなマニアックな人材を連れてくるなと。 もう一点特殊なのは、MCもゲ…

アメリカのパイを買って帰ろう / 駒沢 敏器

やっぱりこの人の物事の捉え方とか、文章が好きだ。駒澤俊器さん。謎の変死を遂げちゃってるんですけどね。まだ若いのに惜しい人を亡くしたもんだ。さて本書は、沖縄を様々な角度から切り取っている。沖縄を語るって、大方どんな感じになっちゃいますかね。…

タワーマンションのホームパーティーに行ってみた

先日、友達のツテでタワーマンションのホームパーティーとやらに行ってみたんですよ。最近不動産に興味あるし、資産形成の一角として将来タワマンを購入することも有り得るかも!(多分ムリ) これは偵察するチャンスだと思い、金持ちのホームパーティーに潜入…

擦り傷の治しかた(キズパワーパッドで痛みを抑えて、傷痕も残らない)

バンドエイド キズパワーパッド 大きめサイズ(12枚入) posted with カエレバ 楽天市場 Amazon 正月早々、一杯居酒屋で引っかけて、慣れない街をほろ酔い状態でスマホ片手に歩いていたら、盛大にずっこけてしまったんですよね。割りと大きな道なんだけど、車…

包丁研いだらヤバいくらい切れる(おすすめシャープナー)

包丁研いだら、切れすぎてビックリしたタイトル通りの話なんですが、ビックリしたんですよ。ほとんど毎日料理はするんですが、大体手抜き料理なので道具は全然こだわってないんですよね。包丁なんかとりあえず切れればいいかなと。ただ数年前にレモンを切っ…

六本木のジャズバーに行ってみた / MADURO(マデュロ)

前回の新宿のリットバーはピアノのソロ演奏だけだったので、今回はセッションが聴けるジャズバーを開拓。ブルーノートはお高いので、今回はここ。六本木のジャズバー、 MADURO(マデュロ) www.tokyo.grand.hyatt.co.jp ご飯を食べるとお高いので、貧乏人はお…

カフーを待ちわびて / 原田マハ

原田マハさん、何冊か読みましたがこれが代表作なんですかね。第1回日本ラブストーリー大賞受賞。そんな賞、初めて知りました笑。 何冊か読んだ(キネマの神様、生きるぼくら)感想としては、現実を描いてるのに、非現実的だなあと。ファンタジーにリアルさは…

新宿のジャズバーに行ってみた / rit bar(リット・バー)

映画のララランドを見て、「ジャズっていいなぁ」と秒殺で感化され、翌週にはジャズバーに行くことにしました。色々調べて、本当はブルーノートに行きたいんだけれど、まぁ20,000円くらいはかかりそうなので、初心者としてそこは断念。ってか記念日とかじゃ…

AZUMI、あずみ / 小山ゆう

一作目の「あずみ」は元々結構好きだったんですが、ほとんど似たテーマの二作目が連載されたのを知った時、何で全く同じテーマの物を書くんだろうと、疑問に思ってあまり関心を持っていませんでした。 でも最近マンガアプリでタダで読める機会があったので、…