ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

アパート1棟を購入してみた

 

今年の2月に、アパート1棟を購入したんです。

マンション一部屋でなく一棟。自分が住むためでなく、人に貸すための。投資用不動産ですね。

 

目次

  

貯金は300万程度(^^;

あまり貯金する気はなく遊んでいたので笑。

自分のスペックとしては、30代半ばで大卒で結婚2年目。子どもなし。年収は600万弱。賃貸マンション住み、車なし。子どもなし、共働き。実家は中流家庭で、特に資金提供は受けていません(ってかまだ話してない笑)。

 

元々株式投資やFXなどの資産運用には興味があり、取り組んでもいましたが、最終的には不動産かなーとは考えていました。ただ、日本人の多くがそうであるように借金に対する抵抗があったため、「まずは株で原資を作ってから、不動産投資を始めよう!」と考えていました。

100万円を元手に、株式投資で5年で180万にしました。9割は敗退すると言われる株式投資の成果としては、充分なのかも知れません。でも思ったのは、

 

このペースだと、寿命の方が早く来てしまう。

 

ということ笑。

どこを目標にするかにもよりますが、投資を志す者なら仕事のセミリタイア、或いは辞めないまでも本業に匹敵する副収入を手にして、人生の選択肢を増やしたいものです。

5年で80万。うん、足りない。ってかバイトした方がいい笑。

 

不動産の方にシフトした方がいいという答えは出てはいたのですが、仕事を特に辞めたいわけでもないし、借金のリスクも怖いし、中々踏ん切りがつかない。

 

人事異動がきっかけに

結果的に自分の背中を押したのは、会社内での人事異動でした(今となってはこの人事にある意味感謝している)。

 

まあ元々仕事熱心ではないのですが、多分地頭は悪くないし、人と話すのが好きで好奇心旺盛なので、ちょっと不注意が多いくらいで仕事をする上で大きく困ったことはなかったし、割と楽しかった。

 

異動した先の仕事は予想以上に興味がなく、自分が一番苦手とするずっと机に座って細かな金勘定をする内容だった。何より大きかったのが、直属の上司が40代未婚のパワハラ女性係長だったこと(しかもブス。内面からね)。

パワハラも色々種類があるようなんですが、どうでもいいことをチクチク注意してきて、尚且つ仕事を与えない系のパワハラでした。怒鳴ったり殴ったりなら、対処法もありそうなものですがこれは中々やっかいでしたね。

 

というわけで、仕事のやり甲斐がゼロになり、幸か不幸か定時帰りを余儀なくされた(昼間もずっとヒマ)ことは、かなりの起爆剤になりました。雇われの身である以上、こうした事態が発生するのは避けられないなと。

 

まずは本を50冊読もう!!

しかし、いきなり有料セミナーとか行ったらすぐに騙されてしまいそうなので、まずは知識からと本を読むことにしました。本屋で色んなジャンルの不動産の本を数冊。その中で紹介されたものなども派生させネットで注文したりして、半年で50冊程度読みました。平行して、「建美家」と「楽町」という不動産系ポータルサイトのコラムを毎日読みました。

不動産本のジャンルとしては、ほとんど網羅できたとは思います。ワンルームマンション、ボロ戸建て、地方アパート、などなど。その中で、著者が個人でセミナーを主催していることを知り、ブログ経由でメールで直接連絡。研修の一環である地方アパート巡りに参加させてもらい、助手席で丸1日話を聞かせてもらいました。

 

セミナーへの参加を決断

知識や人柄から、「この人なら大丈夫かな・・」と思い、思いきってセミナー料30万円を主催者個人の口座に振り込む!笑

この30万が、最大の決断でした。高額でもありますし、払ったら最後(物件購入)までやらないと意味ないですからね。

そして不動産を購入したら、それが成功でも失敗であっても、自分の人生は変化してしまうだろうなと。

 

結果的にこのセミナーを選んで正解だったと思います。3ヶ月の間に講義だけでなく不動産巡り、リフォーム体験、また保険会社の方や公認会計士、工務店の方も紹介してもらい、劇的に視野が広がりました。参加者の顔ぶれも多彩で、それぞれが物件を所有しているので、誰と話しても勉強になりました。セミナー終了後も定期的に飲み会もあるので、困ったら色んな方にいつでも相談できます。

 

1棟目の購入へ

10月頃から、紹介された不動産業者を一緒に物件を周り(もう飲み仲間になりました笑)、1月に物件購入を決断。2月に無事引き渡しを受けました。茨城県、木造築30年、1000万強、表面利回り24%。自己資金は、200万程度。ローンや固定資産税、管理費を差し引いても月に10万円強は現金が入ってきます(表面利回り24%とは、1000万円の物件の場合、年間240万円の家賃収入があるということ。あくまで満室運営の場合ね)。

 

数字上は5年かからず元本回収できる上(金利や修繕費もあるのでそう上手くは行きませんが)、ローン支払い後は丸々家賃収入が入ってくるうえ、土地と建物が自分の物となる。地方だから資産価値が低いとはいえ、売却益も手にすることができる。

 

つくづく恐ろしいと思いましたね。こんな金融商品は絶対に存在しません。真面目に勉強して、入り口さえ間違えなければ、かなりの確率で安定的な収入を手にすることができるし、トラブルがあってもリカバーできると思います。

 

 人生の幅が広がる

何より楽しい笑。マイソク(部屋の紹介チラシ)を自分で作ろうかなあとか、外壁を塗り替える時は何色にしようかなとか。壁紙や照明も、あまりお金をかけずにこだわってみたい。自販機を設置できないかなとか。サラリーマンではあり得ないほど、アイデアを試すことができ、なお且つ収入にすぐ反映される。趣味は元々多い方なんですが、もう一つ〈不動産経営〉が追加されました笑。

 

そんなわけで、直近の私の「迷い」と「決断」は、

不動産(投資用)の購入、でした。

もう少し時間が経たないと成否は分からないので、機会があれば定期的にご報告したいなと思います(^.^)

 

タワーマンションのホームパーティーに行ってみた

先日、友達のツテでタワーマンションのホームパーティーとやらに行ってみたんですよ。最近不動産に興味あるし、資産形成の一角として将来タワマンを購入することも有り得るかも!(多分ムリ)

これは偵察するチャンスだと思い、金持ちのホームパーティーに潜入することにしました。

 

外観はこんな感じ。デカイ。下まで行くと、すごい威圧感があります。

f:id:honblog:20181104135550j:image

 

圧倒的っ‥!迫力。
f:id:honblog:20181104135759j:image

 

夜景は確かにキレイでした。
f:id:honblog:20181104135658j:image

 

※あくまで個人の感想です

結論から申しますと、別に住みたくない。

なんとゆーか外観から申しますと、デカ過ぎて下品な印象を受ける。エントランスが豪華な以外は、中は至って普通。

ってかなんか廊下が細くて狭い気が。圧迫感がある。

各部屋の入口は、建物の中心を向いており、建物全体としてはカタカナ"ロ"の字型になっているんですよね。そんで建物が高いから、吹き抜けの部分からはあまり光が射し込まない。よって暗い印象。

 

部屋の中は、これまたいたって普通。建具とかは豪華ですが、それだけ。まぁマンションなんてコンクリの箱を壁で区切ってるだけなんですから、当たり前なんですけどね。

低層の建物でも金かければ、内部は豪華になります。

あとは当たり前ですけど、部屋出てから建物の外に出るまで時間がかかるのは、個人的には苦痛ですかねー。人によるんでしょうが。あと景色もそのうち見なくなると思う。たまに見るからにいいんですよね。

 

タワーマンションのメリット・デメリットは下記からご参照ください。

 

関東鉄道竜ヶ崎線・竜ヶ崎駅に行ってみた(ついでに佐貫駅も)

物件探しをしていると、今まで行ったことのないようなマイナーな駅に降り立つことが多いです。

竜ヶ崎駅、だれか降りたことあります?笑

上野駅から、常磐線で1時間ほどで佐貫駅。そこからたった二駅のための、関東鉄道竜ヶ崎線。ごらんの通り、単線の1両編成です(^^)

廃線の恐れはないのかと調べたんですが、区間が短く維持費が安いせいか、一応黒字路線らしいです。あと、ディーゼルで動いてるので架線なし。鉄道オタクが喜びそうな。
f:id:honblog:20181027090205j:image

本当に、田舎です。駅前にはコンビニも飲食店も、一軒もありません。まあ、都心を離れると、車社会なんですよね。乗車客の客層は、ほとんどおばあちゃん笑。
f:id:honblog:20181027090102j:image

 

駅前の案内板。歩いて行ける範囲には何もねえ。。コミュニティバスは出てるみたい。
f:id:honblog:20181027090249j:image

 

商店街だけど、シャッター通り。竜ヶ崎は駅前は旧市街って感じらしいです。駅から北東の竜が岡の辺りが、新しい戸建ても多く発展してました。ただし、その辺りは安いアパートなどの高利回り物件はないんですよねー。そううまくはいかないもの。
f:id:honblog:20181027090327j:image

 

二駅離れた佐貫駅。上野から常磐線。ここから竜ヶ崎線に乗れます。
f:id:honblog:20181027090342j:image

 

そんなに見どころあるだろうか笑。
f:id:honblog:20181027090453j:image

 

小さな駅ビルに、チェーン店がチラホラ。やはりここも車社会ですね。
f:id:honblog:20181027090514j:image

 

さて、竜ヶ崎駅の物件についてですが。

佐貫駅までは、都心へのアクセスはあるかなと。ただ、竜ヶ崎となると1時間に2本なので、都心への通勤となると厳しい。

駅は廃れてますが、竜が岡の新市街は伸びてます。ただ新しい街なので、築古の投資用賃貸物件はないかなー。どうしても駅前の旧市街になってしまう。

賃貸需要としては、工場が周辺にチラホラ。あと、流通経済大学があります。ので、工場労働者や、学生の需要が見込めるか。必然的に家賃は低めの物件になります。坂は少ないので、自転車も少しは使えるかな。

これといったポイントはない印象でしたねー。付近にお住まいの方がいらっしゃいましたら、オススメなど教えていただけると幸いです♪

 

 

不動産投資始めます。知識・経験ゼロからの足取りを、ここに記していきます。

世の中に、不動産投資本やブログは数あれど、当たり前ですがほとんどが成功者側から語られる話ですよね。
成功例を真似していくのは、何事に置いても常道ですが、こと不動産につきましては、本人の属性・収入・資産などの、個人によって異なる要素や、時代背景などの不確定要素が、多分にあります。

 

不動産業は古来より続く、そして今後も決してなくなることのない業態のため、全ての時代に当てはまる法則もあるにはあるでしょう。しかし今ほど、環境が目まぐるしく変化する時代はこれまではなかったでしょうし、今後はそうした状況が更に加速するものと思われます。

 

よって誰かの(それが複数人であっても)成功例を、そのまま踏襲すればおK、という考え方はリスキーです。
成功例、失敗例、様々な背景の人、清濁併せて、自分独自の投資スタイルを築いていくのが大事なのだと思います。
そのためには、書籍を読み、先輩大家さんの話を聞き、不動産業者や銀行の方と日々情報交換をするのが大事だと、私は考えております。

このブログは、借金・物件ゼロ、家は賃貸、車なし、自己資金400万程度。一部上場勤め10年以上。既婚共働き、子どもなし。30代。
の、ある意味クリーンな経歴で、不動産ド素人な自分の情報発信と備忘録として立ち上げてみました。

 

他には、書籍や参加したセミナーの情報もあげていきたいかなと。


似たような境遇の方、今正に勉強中の方、ちょっと教えてあげるよ、みたいな優しい先輩大家皆さま方。
ぜひ、連絡を取り合って情報を共有したり、励ましあったり、慰めあったり、相互リンクしたりしましょう笑。

 

かなり本格的に始めているので、不動産投資だけ別ブログに移すかも知れませんが、当面はザ本ブログのカテゴリーの一つで更新していきたいと思います。


皆様のご健勝と、益々のご発展をお祈りして。
平成30年10月21日