【美術館】香月泰男美術館(山口県長門市)

香月泰男美術館、一言で言うと最高でした…。数年前に'青の太陽'を見て感銘を受け本物を見たいと思ってたのですが、山口なので中々行く機会もなく。


シベリアに抑留された経験を描いた'シベリア・シリーズ'が有名な画家で、自分もそれを目当てに訪れたのですが、いい意味で先入観を裏切られました。シベリア抑留中に生きて帰ると焦がれた故郷・長門三隅の、〈ここが自分の地球(ほし)〉と顕した景色を、美術館の展望室で堪能。展示の版画絵は動物や人への慈しみで満たされた、和やかで素晴らしいものでした。


自ら'余技'と位置付けた廃材を利用したオモチャは、生命と躍動感に溢れ、画家の事物に対する洞察力と愛情に当てられました。


小さな美術館と町全体が、遺族や関係者の画家に対する敬愛で包まれているよう感じました。絶対にまた来ると思います。