ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

【映画】そして父になる  / 是枝裕和・監督、福山雅治・主演

親になる前に、一度は見ておきたい作品。

 

子どもが6歳の時に取り違えが発覚し、交換するかどうかというストーリー。
自分はどちらかと言えば、電気屋の主人よりも福山寄りなのだろう(あんなエリートじゃ ないけど) 。
作中で「犬猫だったら・・」、みたいな表現がありましたが、犬猫だったら一緒にいた時間が1年だとしても、迷わず手元に置いておくことを選んだだろう。一緒にいた時間の大切さだけで、純粋に判断ができる(ペットの金銭的な価値に重きを置く人は違うかも知れないが)。


血を分けたかどうか、将来に対する期待などがあるから葛藤が生じる。
6年は、手放すには愛おし過ぎる歳月だ。
エリート家庭の、父親だけが交換にある程度積極的に感じられた。
両家の母は、決めあぐねているようだった。

 

自分の映画を見てから、数日どちらを選択するか分からないでいたが、ふと自分の親ならどうするだろうかと考えた。


そして、自分の母なら迷わず手放さないであろうと思った。


親目線で描かれているいる作品ではあるが、子どもの気持ちを忘れていることに、ようやく気付いた(多分遅すぎる)。
身勝手な理由で取り違えられたことも、そもそも生まれてきたことさえも、子どもが自分で選択したわけではない。
この世で唯一と信じてきた存在(親)に手放されるダメージはいかほどのものか・・。
確かに子どもは適応が早い部分もあるが、これほど自己肯定感を損ないかねない出来事もないだろう。

 

すごく曖昧な結論でしかないが、育ての親はそのままに、両家で親戚のような付き合いができたら、この許せない出来事を、少しはプラスにできるのではないかと思った。