ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

海スゲー!海怖えぇーっ!!てなるマンガ / 『海獣の子供』五十嵐大介

このマンガを読んだら、しばらく他の作品を読む気がしなくなった。そのくらい独特な世界観を持ち、読み手の感受性を深く揺さぶってくる。

 

あらすじを簡潔に述べるのは困難だ。

ー 舞台は現代・日本。神奈川の江ノ島辺り。中学生の琉花は、風変わりな母親と、その母親を避けるように生活している父を両親に持ち、また自身も人との関わりを持つのが苦手だった。部活動で級友をケガさせてしまい、謹慎を命じられた退屈な夏休み。そんな折り、琉花の周り、いや世界で小さな異変が起きていた。それは世界中の水族館で、魚が消えていくというもの。地域や数、魚種にも関連性はない。共通するのは、消えゆく魚には“光る斑点”が現れ、水と溶けるようにいなくなるという。

 そんな琉花の前に突然現れた少年、海と空。二人に両親はいない。何と、漁業の網にかかって海から引き上げられたと言うのだ。海中でジュゴンに育てられたとされ、海をまるでイルカや魚のように泳ぐ、海と空。そんな二人に、交わす言葉は少なくとも惹かれていく琉花琉花もまた、海と深い関わりを持つ生い立ちだったのだ。しかしある時、琉花は気づいてしまう。海と空、二人の体にも、あの水族館で消える魚と同じ、“光る斑点”があるということに。舞台は日本を飛び出し、大海原へと向かう。その先に三人を待ち受けるものとは。ー

 

いかがでしょうか。興味を持たれましたか? ←自信ない

こんな感じの説明になっちゃうんですよ(^^;

 

本当に独特な作品なんです。ストーリーもあるような、ないような..。とにかく、海と地球、果ては宇宙まで絡めて考察するような、不思議なテーマなんです。その中に、海や民族にまつわる不思議な話や伝承を織り混ぜており、何とも言えない空気感を生み出しております。

 

作者の五十嵐大介も、かなり独特な漫画家でして。ほぼ独学でマンガを書いており、ボールペンだけで作品を仕上げちゃうこともあるよう。3年くらい農家で自給自足の生活をしたり。寺の境内に住んで、旅行生活をしたりとか。そんな、自然に溶け込むような作家だからこそ、気負いのない、澄んだ作品が描けるんでしょうね。

 

他の作品も、魂に直接働きかけられるような、純粋なものが多いです。紹介はまたいずれ。

 


 

このマンガを超える作品に出会えない / 『ベルセルク』三浦建太郎

何事も、一番を選べと言われると悩むものですが、この作品に関しては譲れない。お前がナンバーワンだ、『ベルセルク』。

 

序盤のグロさで音をあげそうな、ベルセルク初心者達に告げる。まずは8巻まで読め(命令)。

そこで気付くはずです。この作品はそこらのグロを売りにした浅薄な代物でない。常軌を逸した異なる才能を持ち、それが故に孤高かつ孤独な二人の男の、イビツで至高の友情賛歌であることを。

 

私はこの作品に、いつも問われつづけている気がします。真の友情は、馴れ合いでは得られない。方向は違っても、何かを追い求める者同士でなければ、分かち合えない感情があるのではないかと。

 

そして愛と友情とは、なんと複雑な関係にあるものなのか。果たして一人の人間の生で、豊潤な愛情と、煌めく友情は両立しうるものなのかと。狂気に身を委ねなければ、叶いそうもない。果てにあるのは、破滅かそれとも…。

 

緻密で深淵な世界観を舞台に、圧倒的な画力で描かれる他の追随を許さないアクションと、ガッツ先生のあまりにもシビれるセリフ回しに目を奪われがちですが、この作品の主題は、あくまで愛と友情。世界で唯一の一大叙事詩にして、最強のダークファンタジー。まだ読んでおられない方には自信を持って言えます。「人生を損している」、と。あなたの“夢のかがり火“は、まだその手にありますか?


 

 


 

都内から行ける、最も楽なゲレンデ。ガーラ湯沢。

若者のスキー離れなどが言われる昨今ですが、自分もご多分に漏れず、3年ほど遠ざかっておりました(^-^;。

 

しかし先日とあるゲレンデに行ったところ、あまりにも楽過ぎて、「ここなら毎年来てもいいかな!!」と思った次第であります。その名も、

 

ガーラ湯沢

まあ今更アピールする必要もないくらいメジャーな場所ではありますが、もし行ったことない人がいたら、ぜひ利用してみてはと。以下にそのメリットと、あと一応デメリットを箇条書きします。

 

メリット

・近い(東京駅から約75分)

・安い

(新幹線往復+半日リフト券で10,500円。板等セットレンタルは+4,000円)

・楽

(これが一番ですね。新幹線を降りて、駅の外に出ることなく、ゴンドラに直行できる。ボードレンタルすれば、家からも重い荷物を運ばなくて済む。)

・快適

(駅には、売店や食事、休憩所が充実。温泉も併設。レンタルもシステマチックで迅速です。)

 

デメリット

・風に弱い?

(ウラは取っていませんが、そんな書き込みがチラホラ。事実、自分が再度行った時もゴンドラが停止し、他のスキー場に振替になりました。)

・温泉はちょっと小さい笑

(温泉好きの自分としてはイマイチ(^-^;。サウナは6人で満員。お風呂も、普通の風呂と水風呂だけです。風呂のサイズはまあまあ。少し熱め。露天はなし。)

 

まとめ

スキーやスノボから遠ざかっている人の、復帰戦としては、最適ではないでしょうか。初心者の方も、滑るまで体力を温存できていいかも。以下の写真は天気が悪く、湯沢高原スキー場に振替になった時のもの。バスの振替は、スムーズでしたよ(^_^)。

 

・まさかの!東京駅の新幹線改札のアナウンスで発覚。
f:id:honblog:20180218181424j:image

 

・バスで湯沢高原スキー場に振替。案内はスムーズでした。
f:id:honblog:20180218181439j:image

 

・いざ出陣!初心者だらけで、準備にアタオタ笑
f:id:honblog:20180218200423j:image

 

・雪中行軍さながら笑。楽しかったですけどね。
f:id:honblog:20180218181615j:image

 

・ブリザードか!!笑
f:id:honblog:20180218181629j:image

 

ちなみにリフト券を入れるパスケースは、あった方が絶対便利です。乗るたびに、券を探すのは手間ですからね。しっかり身に付ければ、従業員さんに見せるのも簡単で、落とすリスクも減らせます。

テレビ端子が部屋にない!!こんな方法で解決しました。

引っ越した時に、テレビを置きたいところに、テレビ線が来てない!なんてことはありませんか?

実際僕が引っ越した時に、その状態になってしまいまして(^-^;

しばらく放置して隣の部屋のテレビを覗きこんでいたのですが、さすがに見づらいので対策に乗り出しました。

最も有効で簡単だったのが、コチラ。「DXアンテナ【地デジ専用】室内アンテナ US10WB(白)★【US10WB】」です。

 

●軽い、薄い、小さい、安い

楽天で購入。正直こんなチャちいので写映るの?って感じです。

 

・小ささ、薄さはごらんの通り。

f:id:honblog:20180218132849j:plain

f:id:honblog:20180218132813j:plain

 

・通常のアンテナ線のところに差し込むだけ

f:id:honblog:20180218125745j:image

 

結論から申しますと、バッチリ映りました。画質等も全く問題なし。当初は長いテレビ線を買ってきて、隣の部屋からモールなどを使って、線を這わせようかと思いましたが笑。断然に簡単な方法で解決して大満足。価格も1,200円ほどとお手頃なので、ぜひお試しあれ。

✳地域によって受信状況に差があるみたいです。自分は23区内で、全く問題ありませんでした。地方や山間の方は、お気をつけください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DXアンテナ【地デジ専用】室内アンテナ US10WB(白)★【US10WB】
価格:1156円(税込、送料別) (2018/2/18時点)