ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

大菩薩嶺に登って来ましたよ

2019年年6月1日に、山梨県の大菩薩嶺に登ってきましたよ。池袋駅に8:00集合でレンタカーで出発。まずここで反省点。高速までにかなり時間がかかった!事故渋滞もあったが、新宿付近を抜けるのに1時間近く(^^;。集合の難易度は増すが、もう少し西の方、下北沢とか明大前の辺りから出発できると、スケジューリングに余裕ができそう。我々は登山口の上日川駐車場に11:30着になってしまった。下山時刻はちょうど16:00。もう1時間は早い方がいいですね。

 

目次

 

登山概要

大菩薩嶺

標高:2057m

登山時間:3時間30分

距離:7.2㎞

トイレ:各所にあり。登山口の上日川峠。途中の福ちゃん荘。山頂付近の介山荘。いずれも飲食もできます。

駐車場:上日川峠に多数。第4駐車場まであり、数百台が停められる。シーズン中はかなり埋まるが、満車には中々ならないそう。

 

 

登山口 

・上日川峠の駐車場からすぐの登山口。この辺りは道が細く、人も多いので渋滞しがち。集団のツアー客がいたので、タイミングを見て抜かさせていただきました。
f:id:honblog:20190615164355j:image

 

・ほどなくして、福ちゃん荘などを抜けると稜線へ。かなりあっけなく尾根へで出れます。うん、初心者向けだね。
f:id:honblog:20190615164455j:image

 

・尾根の入り口にある、介山荘。トイレもあるし、飲食もできます。
f:id:honblog:20190615164535j:image

 

・尾根道は思ったよりも、岩がゴツゴツ。木もあまり生えてなく、裾野に草をまとわせている。草原が緑になるのは、7月とかかな?展望は抜群です!

f:id:honblog:20190615164559j:image

 

大菩薩湖

・尾根から見る、大菩薩湖。ネーミングが安直だと思ったら、近年できた人工湖、ダム湖なんですね。形がちょっと、特徴的。
f:id:honblog:20190615164621j:image

 

・雲が出て来て、少し焦る。しかし、峠ががっちり雲を止めてくれてる!(笑)1時間近く、この状態が保たれていました。山に囲まれた平地(例えば関東平野とか)は、このように山に急激な気候の変化から守られているんだなー、と実感。そして山に降った雨が川となり、我々の生活用水となる。山が荒れると、土砂崩れが起きたり、適切な保水がされずに洪水の原因になったりするんだろう。
f:id:honblog:20190615164650j:image

 

・尾根道は終始絶景!
f:id:honblog:20190615164836j:image

 

・写真を撮りすぎて、中々先に進めません。
f:id:honblog:20190615165128j:image

f:id:honblog:20190615164920j:image

 

下山途中に鹿に遭遇

・下山は岩がゴツゴツして、傾斜も結構きついです。でもその分、あっという間に進む印象。鹿もかなり増えているらしいですね。
f:id:honblog:20190615165053j:image

 

オデッセイ (原題: The Martian) / 監督 リドリー・スコット、主演 マット・デイモン

友人にオデッセイを見たと話したら、「あのじゃがいもを育てる映画か」と言われた。そんなイメージなのね笑。でもあながち間違っていないかも知れない。

火星に事故で一人取り残された宇宙飛行士が、様々な困難を乗り越えて、地球に帰還するまでの話。以上です笑。
ストーリーに捻りはなく、映像と音楽だけで楽しませる。そんな映画も嫌いではないです。たまになら。

無人島に漂着して生き抜く、みたいな話は結構あると思うのですが、これはその火星版(宇宙版)。
無人島なら狩猟や採集、或いは農耕なども工夫次第では可能かも知れない。
しかしここは火星なので、動植物はゼロ。そもそも空気がないですから。
また島と違って、たまたま船や飛行機が通りがかることもない。そう考えると、絶望度は段違いですね。
頼みの綱の、装置や機材が故障して直せない場合も、即死と考えていいですし。

つまりは科学の力に頼ることになると。電力は太陽光で賄うとして、問題は食料。
かろうじて残っていたジャガイモを種イモとして、人糞をたい肥として土壌を作り、水素の化学反応で水を作る。
通信手段をなんとか復旧させ地球と交信し、なんとかピックアップしてもらう日時の段取りを取る。

この過程で様々な苦労はあるのですが、書いてしまえばこんなものです。
色んなレビューでも書かれていたのですが、この映画で印象的だったのは、音楽のセレクトです。
事故で一人取り残されたあと、唯一再生可能な音源が、リーダーの私物の音楽のみ。
それが80年代のディスコミュージック笑。

それが要所要所で流れるのが、案外楽しかったりする。最新の映像に80年代の曲がなんととなくマッチ。
危険な燃料を、車に積んで走らせている時に〇〇の、「HOT STUFF」が流れたり。
女性シンガーがサビで「熱いのを頂戴っ」って歌い上げてます笑。
音楽と場面とのリンクに注意すると、楽しみが増えるかも。

ラストの救助艇に拾われる場面も、ギリギリの設定で、最後までハラハラさせてくれます。
まあ助かるんだろうなと思って見てても、実際助かった時は不覚にもちょっと感動してしまった笑。アメリカ映画スゴイ。

 

エリン・ブロコビッチ (Erin Brockovich) /  ジュリア・ロバーツ主演、スティーブン・ソダーバーグ監督 <2000年・米>

中々融通が利かず、短気なシングルマザーのエリン・プロコヴィッチ。しかも無職。
ひょんなことから、弁護士エド・ズマリーと知り合い、その弁護士事務所に押し掛ける形で職を得る。
派手な格好をし、短期で口が悪いことから中々周囲に溶け込めないが、たまたま読んでいた資料の中で、ある大企業の環境汚染の事を知る。

 

エリンは持ち前に人懐っこさから、近隣の住民の貴重な証言を収集し、信頼を得ていく。

 

その中で、大企業の環境汚染の実態の隠蔽のために疾病にかかり、苦しんでいる住民が数多くいることを知る。
住民は会社側から企業活動の安全性を説明されており、自身や家族の病気は運が悪いせいだと思いこまされていた。
エリンは企業側に賠償を求めたいと考えたが、相手は巨大企業で勝算は低い。
尻込みする弁護士を、エリンが叱咤し後押しし、巨額の賠償をつかみ取るストーリー。

 

これは実話なんですってね!!

また心憎いのが、現実のエリン・ブロコビッチと弁護士エド・ズマリーがちょこっと出演しているところ。ファミレスで客とウェイトレスとして出ているので、探してみてください(^^)

アパート1棟を購入してみた

 

今年の2月に、アパート1棟を購入したんです。

マンション一部屋でなく一棟。自分が住むためでなく、人に貸すための。投資用不動産ですね。

 

目次

  

貯金は300万程度(^^;

あまり貯金する気はなく遊んでいたので笑。

自分のスペックとしては、30代半ばで大卒で結婚2年目。子どもなし。年収は600万弱。賃貸マンション住み、車なし。子どもなし、共働き。実家は中流家庭で、特に資金提供は受けていません(ってかまだ話してない笑)。

 

元々株式投資やFXなどの資産運用には興味があり、取り組んでもいましたが、最終的には不動産かなーとは考えていました。ただ、日本人の多くがそうであるように借金に対する抵抗があったため、「まずは株で原資を作ってから、不動産投資を始めよう!」と考えていました。

100万円を元手に、株式投資で5年で180万にしました。9割は敗退すると言われる株式投資の成果としては、充分なのかも知れません。でも思ったのは、

 

このペースだと、寿命の方が早く来てしまう。

 

ということ笑。

どこを目標にするかにもよりますが、投資を志す者なら仕事のセミリタイア、或いは辞めないまでも本業に匹敵する副収入を手にして、人生の選択肢を増やしたいものです。

5年で80万。うん、足りない。ってかバイトした方がいい笑。

 

不動産の方にシフトした方がいいという答えは出てはいたのですが、仕事を特に辞めたいわけでもないし、借金のリスクも怖いし、中々踏ん切りがつかない。

 

人事異動がきっかけに

結果的に自分の背中を押したのは、会社内での人事異動でした(今となってはこの人事にある意味感謝している)。

 

まあ元々仕事熱心ではないのですが、多分地頭は悪くないし、人と話すのが好きで好奇心旺盛なので、ちょっと不注意が多いくらいで仕事をする上で大きく困ったことはなかったし、割と楽しかった。

 

異動した先の仕事は予想以上に興味がなく、自分が一番苦手とするずっと机に座って細かな金勘定をする内容だった。何より大きかったのが、直属の上司が40代未婚のパワハラ女性係長だったこと(しかもブス。内面からね)。

パワハラも色々種類があるようなんですが、どうでもいいことをチクチク注意してきて、尚且つ仕事を与えない系のパワハラでした。怒鳴ったり殴ったりなら、対処法もありそうなものですがこれは中々やっかいでしたね。

 

というわけで、仕事のやり甲斐がゼロになり、幸か不幸か定時帰りを余儀なくされた(昼間もずっとヒマ)ことは、かなりの起爆剤になりました。雇われの身である以上、こうした事態が発生するのは避けられないなと。

 

まずは本を50冊読もう!!

しかし、いきなり有料セミナーとか行ったらすぐに騙されてしまいそうなので、まずは知識からと本を読むことにしました。本屋で色んなジャンルの不動産の本を数冊。その中で紹介されたものなども派生させネットで注文したりして、半年で50冊程度読みました。平行して、「建美家」と「楽町」という不動産系ポータルサイトのコラムを毎日読みました。

不動産本のジャンルとしては、ほとんど網羅できたとは思います。ワンルームマンション、ボロ戸建て、地方アパート、などなど。その中で、著者が個人でセミナーを主催していることを知り、ブログ経由でメールで直接連絡。研修の一環である地方アパート巡りに参加させてもらい、助手席で丸1日話を聞かせてもらいました。

 

セミナーへの参加を決断

知識や人柄から、「この人なら大丈夫かな・・」と思い、思いきってセミナー料30万円を主催者個人の口座に振り込む!笑

この30万が、最大の決断でした。高額でもありますし、払ったら最後(物件購入)までやらないと意味ないですからね。

そして不動産を購入したら、それが成功でも失敗であっても、自分の人生は変化してしまうだろうなと。

 

結果的にこのセミナーを選んで正解だったと思います。3ヶ月の間に講義だけでなく不動産巡り、リフォーム体験、また保険会社の方や公認会計士、工務店の方も紹介してもらい、劇的に視野が広がりました。参加者の顔ぶれも多彩で、それぞれが物件を所有しているので、誰と話しても勉強になりました。セミナー終了後も定期的に飲み会もあるので、困ったら色んな方にいつでも相談できます。

 

1棟目の購入へ

10月頃から、紹介された不動産業者を一緒に物件を周り(もう飲み仲間になりました笑)、1月に物件購入を決断。2月に無事引き渡しを受けました。茨城県、木造築30年、1000万強、表面利回り24%。自己資金は、200万程度。ローンや固定資産税、管理費を差し引いても月に10万円強は現金が入ってきます(表面利回り24%とは、1000万円の物件の場合、年間240万円の家賃収入があるということ。あくまで満室運営の場合ね)。

 

数字上は5年かからず元本回収できる上(金利や修繕費もあるのでそう上手くは行きませんが)、ローン支払い後は丸々家賃収入が入ってくるうえ、土地と建物が自分の物となる。地方だから資産価値が低いとはいえ、売却益も手にすることができる。

 

つくづく恐ろしいと思いましたね。こんな金融商品は絶対に存在しません。真面目に勉強して、入り口さえ間違えなければ、かなりの確率で安定的な収入を手にすることができるし、トラブルがあってもリカバーできると思います。

 

 人生の幅が広がる

何より楽しい笑。マイソク(部屋の紹介チラシ)を自分で作ろうかなあとか、外壁を塗り替える時は何色にしようかなとか。壁紙や照明も、あまりお金をかけずにこだわってみたい。自販機を設置できないかなとか。サラリーマンではあり得ないほど、アイデアを試すことができ、なお且つ収入にすぐ反映される。趣味は元々多い方なんですが、もう一つ〈不動産経営〉が追加されました笑。

 

そんなわけで、直近の私の「迷い」と「決断」は、

不動産(投資用)の購入、でした。

もう少し時間が経たないと成否は分からないので、機会があれば定期的にご報告したいなと思います(^.^)

 

クレイジージャーニー

すでにかなり有名になってしまった番組ですよね。
MCがまず豪華。ダウンタウン・松本人志と、バナナマン・設楽、それに小池英子。  
この3人が、毎回クレイジーなゲストを迎えます。 
番組構成は、クレイジーなゲストのVTRがほとんど。そこに3人とゲストのコメントが時折間に入り、最後にまとめのトークとなります。

 

見どころはただ一言、“人”です。

 

毎回これでもかという位、人生を何かに捧げたゲストが登場。    
この番組から有名になった人も、何人もいますよね。     
少数民族撮影家のヨシダナギ。爬虫類ハンターの加藤。松本ゴンザレス、リヤカーマンなどなど。
自分が初めてクレイジージャーニーを知ったのは、誰かがリヤカーマンについてネットで書いていたから。
いやー、びっくりしましたね。こんな人間が地上に、しかも日本にいるんですから。  

 

リヤカーを引いて旅する永瀬 忠志さん。100㌔を超えるリヤカーを曳いての総移動距離は、地球一周分を超えているとか。
普通の道だって大変だし、坂道は当然エグい(下りもブレーキをかけるのが大変だとか)。 
驚愕したのが、砂漠や湿地を横断する時。普通に渡ると、両輪が地面にめり込んでしまうため、棒っきれを車輪の下に噛ませて進む。当然1回に勧める距離は、棒の長さの分だけ。100mに数十分かかるとか。 

 

最早意味が分かりません。

 

そして何より戦慄したのが、この苦行のような旅を。彼が続ける理由。

本人曰く  

 

「分からない」

 

とのこと。

 

|д゚)

 

いやいや、もう意味とか問うてはいけないんですね。前世からの業か宿命か。  
この人普段どんな生活してんだと思ったら意外や意外、大学教授なんですね。しかも旅が評価されて、最近植村直己賞を受賞したのだとか。苦行が報われて良かったですよ。 
本人は全く狙っていなかったでしょうが。

 

もう一人印象的なのが、少数民族撮影家の、ヨシダナギさん。
若くて綺麗な女性なのですが、現地の人と打ち解けるために、同じ格好をしたりします。 

現地の人が裸族っぽい感じの時は、ナギさんも上半身裸になってりして(放送では胸にモザイク)、それが話題になっちゃったりしましたが。それは話題作りではなく、できるだけ現地の人と打ち解けるためにやっているんですね。実際、同じ格好をしてした時の効果は絶大のようです。

言葉が通じない少女に寄り添って、何も話してないのに仲良くなったりとか。とても不思議な魅力のある女性です。

 

他にもは虫類ハンターの加藤さんとか、危険地帯の取材の丸山ゴンザレスとか。かなりの有名人を輩出している番組となっております。