ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

神奈川県・大野山ハイキングに行ってきましたよ

登山概要

標高:723m
距離:約10キロ、4時間弱
アクセス(行き):東京駅谷峨駅東海道→御殿場、1時間40分〉
アクセス(帰り):山北駅東京駅<御殿場線み→東海道線、1時間40分>
コンビニ:登山口には一切なし、お弁当は家か池袋駅で調達すべし
自販機:登山口から、終着地まで一切なし!
トイレ:登り途中と山頂にあり。下山中は山北駅までなし。
温泉:山北駅徒歩二分に、「さくらの湯」があります。

www.yamakita.net

 

スタートは駅からすぐの川を渡ります♪
f:id:honblog:20180518123624j:image

 

車道歩きが長いので、登り始めると程なくして山頂近くになります(笑)。この山の特長は山頂付近のススキですな!見晴らしがよく、気持ちのいい風が吹き抜ける。
f:id:honblog:20180518123655j:image
f:id:honblog:20180518123717j:image

 

謎の縦穴発見!小さめ女子を潜入させる(笑)。特に反対側に抜けることはできなかった(^-^;
f:id:honblog:20180518123736j:image

 

もうすぐ山頂!見晴らしよし、木陰なし!(笑)
f:id:honblog:20180518123751j:image

 

マイクロ反射板らしいが、役割は分からずじまい。
f:id:honblog:20180518123809j:image

 

山頂に到着!広々してるし、ところ所に立木があるので、木陰でランチできます(^^)
f:id:honblog:20180518123822j:image

 

時間に余裕があるので、ダラダラ。なぜか柔軟性対決勃発(笑)。ざあぼんこと、私の堅さは定評あり。この写真(左端)、本気です。

f:id:honblog:20180518123834j:image

 

いつまでやるのか(笑)
f:id:honblog:20180518123847j:image

f:id:honblog:20180518123908j:image
f:id:honblog:20180518123918j:image

 

ゴールの山北駅近くにある、カフェ・リーフス。接着剤などの合成物をほぼ使用せずに建てたという、こだわりの木造りの店(^^)

美味しいシフォンケーキとコーヒーを頂きました♪
f:id:honblog:20180518123946j:image
f:id:honblog:20180518123957j:image

ashigaratte.com

 

まとめ

 そこまで山っぽくないですが、山頂付近のススキと展望が印象的な山です。初心者向けハイキングにオススメ!

HUNTER×HUNTER /冨樫義博  連載中35巻 (ついにアメトークに!笑)

行き当たりバッタリで計画性のカケラもないし、たまにラフ画で掲載してくるし、休載しまくりのに、全て許せる

脈絡なく始まった章も、常に神展開に持ち込み、予想を裏切る神エンドへと収束させる技法は、この世で冨樫以外なせないもの。
コンビニで立ち読みして神回だった時は、モップ掛けする店員が近寄れないほどオーラが漏れでてしまいます笑(ちゃんと単行本は買ってますよ)。
 
ヤバかったのはやはりアリ(キメラアント)編ですかね。王と側近の緊迫感は、ドラゴンボールフリーザ編以上!そして掟破りとしか言えないブツを使ったうえに、ラストがアレとは…。いやー語りたくても語れない。もしかしたら、まだ読んでない人がいるかもですからね。
 
アメトークで、ついに「HUNTER×HUNTER芸人」やるみたいですが、芸人達の直近のハンターの感想を聞いてみたい。登場人物多過ぎで、さすがに複雑過ぎないか?(笑)
 

官ノ倉山ハイキングに行ってきましたよ

平成30年4月22日、埼玉県の官ノ倉山にハイキングに行ってきましたよ。

 

目次

 

登山概要

標高:344m(もう一つの山の石尊山は344m)
距離:約10キロ、4時間弱
アクセス(行き):池袋駅東武竹沢駅禍〈東部東上線、一時間半〉
アクセス(帰り):小川町駅池袋駅<東部東上線、約一時間半>
コンビニ:登山口には一切なし、お弁当は家か池袋駅で調達すべし
自販機:登山口から、終着地まで一切なし!
トイレ:下山中の中ほど、北向地蔵の辺りにある。
温泉:小川町駅の反対側になりますが、徒歩圏内に「花和楽の湯」があります。食事処も併設で、オススメ♪

 

ハイキング記録

道すがら、花を楽しむ。
f:id:honblog:20180424123134j:image

 

いい天気!
f:id:honblog:20180513203557j:image
f:id:honblog:20180513203613j:image

 

藤棚もいいけど、野生の藤も荒々しくて好き。容赦なく、他の樹に巻き付いています。
f:id:honblog:20180513203626j:image

 

東京近郊の山は杉だらけ。写真だと回廊みたいで、キレイなんですが。4月下旬だと、花粉症の人もなんとか大丈夫みたい。
f:id:honblog:20180513203641j:image

 

山頂に到着!標高344.7m(笑)。そこまで広い山頂ではないですが、お昼ご飯はここがオススメ。ここを逃すと、他にあまりないかも。
f:id:honblog:20180513203656j:image
f:id:honblog:20180513203716j:image

 

向かい側の石尊山にも、ものの10分くらいで到着できるのが、官ノ倉山の特長。標高344m(^-^)。こちらの方が、見張らしはいいです!

f:id:honblog:20180516140507j:image
f:id:honblog:20180513203748j:image

 

石噂山からの下山。山頂付近の下りは、結構険しいですよ。
f:id:honblog:20180513203801j:image

 

帰りは日帰り温泉「花和楽の湯」へ!登山の汗を温泉でながし、ビールと揚げ物を食らい、蕎麦と日本酒でシメる♪

健康的だかなんだか分からないですが、充実の一日です(^-^)
f:id:honblog:20180513203822j:image

www.kawaranoyu.jp

 

 

まとめ

低い山ですが、眺めはなかなかいいです。舗装された道を歩く距離が長いですが、神社があったり、季節柄、花が民家の軒先に咲いていたりして目を楽しませてくれる。

注意点は、木陰が少ない点ですかね!夏には不向きの山です。初心者にはとてもオススメ。ぜひ一度登ってみてください(^^)



 

富士芝桜まつりと山梨県立近代美術館

2018年5月12日~13日で、山梨県に行ってきましたよ。

目的は、富士芝桜まつりと山梨県立美術館!!

旅の記録は以下の通り。

目次 

 

【一日目】東京→富士芝桜まつり→鳴沢氷穴笛吹川フルーツ公園→甲府駅

東京からレンタカーを借りて、山梨県へ。朝8時発だと、少々渋滞があって、着いたのは11時過ぎになっちゃいましたね。やはり都心発なら、7時発が望ましい。

富士芝桜まつりは天気に恵まれ、インスタ映えな写真が撮り放題!!

会場は結構人はいるんですが、広いので人口密度は控えめで快適。風景写真は午前中の方が綺麗に撮れるし、昼過ぎから混んできたので、早めがおすすめです。5月の下旬までやってるみたいですよ。

芝桜は部分によって、かなり地面が見えてたり、咲き方にはムラがあります(笑)。人が群がってる部分は大体撮影スポットだったりします(^^♪

www.shibazakura.jp

 

・芝桜に接写気味で撮影。

f:id:honblog:20180513201135j:plain

 

・芝桜富士とツーショット

f:id:honblog:20180513200802j:plain

f:id:honblog:20180513200906j:plain

 

麓が少し霞がかった感じが、よくないすか?(^^)

f:id:honblog:20180513201404j:plain

 

  • ところでこのピンクの芝桜の学名って、マックダニエルクッションなんですって!和名じゃないのかよ(笑)。他の色の芝桜にもそろぞれ、カタカナの名称が付いてました。

f:id:honblog:20180513201621j:plain

 

・展望台から撮影。午後はもう少し混んできました。
f:id:honblog:20180513202657j:image

 

  • 会場には出店が出ていて、B級グルメやらスイーツやら、色々食べれますよ。こちらは、富士宮焼きそば。味は焼きそばなんですが、味付けが少し濃いめなのと、何より麺の太さとコシが特徴的でした。

f:id:honblog:20180513201305j:plain

 

お次は鳴沢氷穴へ。内部の気温は年平均3度に保たれ、かなり寒いです。が、見学コースは短いので、特にダウンとかの装備は必要なし。何か羽織るか、まあ半そででも耐えられなくはない。入口施設には、売店とささやかなカフェがございます。
f:id:honblog:20180513202725j:image
f:id:honblog:20180513202932j:image

鳴沢氷穴 | 富士山の洞窟 天然記念物 富岳風穴・鳴沢氷穴 | 富士山・河口湖 洞窟 観光スポット

一日目のラストは、笛吹川フルーツ公園へ!斜面を利用した、果樹栽培が盛んな公園。施設的には、見るべきものはそんなにないですが、ここは夜景が有名な公園。夜までは時間がなくていられなかったのですが、甲府盆地を見下ろす景色は一見の価値ありですよ。

 

・フルーツパフェ。さすがに鮮度抜群で、美味しかった。
f:id:honblog:20180513203028j:image

 

こんな感じで、甲府盆地が見渡せます。次回は夜景を見たい!
f:id:honblog:20180513203103j:image

 

夜は甲府駅前の、奥藤本店へ。
f:id:honblog:20180513203140j:image

 

B級グルメで有名な、鳥もつ煮。いろんな部位が入ってるし、臭みもなくて美味!
f:id:honblog:20180513203152j:image

 

  • 道すがら気になってた、山菜のこしあぶらの天ぷら。山菜の苦みってたまらないですよね。
    f:id:honblog:20180513203206j:image

 

  • 山梨と言えばワイン。スッキリして美味しかったですが、できれば常温で飲みたかったな。
    f:id:honblog:20180513203219j:image

 

【二日目】山梨県立美術館→専心庵(そば屋)→モンデ酒造→帰路

二日目は山梨県立美術館へ!ここはなんと言っても、ミレーの「種蒔く人」が収蔵されているのが有名です。あと「落ち穂拾いとか」。バルビソン派の作品が多く収蔵されているとのこと。

美術館は庭園が広く、外にも展示がありましたよ。ミレー以外のバルビゾン派以外の展示も多く、近代日本絵画もあり。何より館内が天井が高く、広く、空いててよい。東京の美術館は苦手なんですよね。人の肩越しで作品見るとか順番待つとか、詰まってるのが気になってじっくり見れないとかね。

皆様、旅先で雨に降られたら、美術館がおすすめですよ。カフェがおしゃれなとこも、多いですし。

 

リンゴのオブジェ。穴は中心に向かって、円錐上に抉れてます。
f:id:honblog:20180513203239j:image
f:id:honblog:20180513203252j:image

 

「ミレー?誰それ?」な感じのケンタロウスさん。

ちなみにミレーの「種捲く人」は素晴らしかったです!!ミレーは、農民の働く姿を多く描いているんですね。それが、権力への反抗とも取られたらしいのですが、本人にその意図はなかったとのこと。

f:id:honblog:20180513203318j:image

 

この時は、100万回生きたねこの展示をやっていました。

なんと奇跡的に看板の前に白いねこが!きっと、作中の白ねこの子孫に違いない(笑)。
f:id:honblog:20180513203304j:image

 

旅の締めはお蕎麦屋さんの「専心庵」。メチャ美味かったですよ。
f:id:honblog:20180513203330j:image

 

蕎麦の実が見えるほどの、粗挽き十割そば。歯ごたえがすごい!
f:id:honblog:20180513203343j:image

 

そば湯も衝撃でした!湯ってかポタージュ!!もちろん飲み干した(笑)。
f:id:honblog:20180513203355j:image

 


まとめ

都心から手軽に行ける山梨県は、低コストで旅行感が味わえる、いいスポットでしたよ。海あり、富士山あり、ワイナリー巡りありで、時間が足りないほど。
でも手近だから、何回かに分けてきてもOKですよね。
次回はワカサギ釣りをしてから、ワイナリー巡りをしたいです!(^^)!