ことり / 小川 洋子

最近季節を感じていますか?気温だけじゃなくて、道端の草花や生き物の移ろいを通して。通勤の足を、ちょっとだけ止めてみよう。

 

誰にでも、小さなものに目を奪われる時期や瞬間って、あると思うんです。

 

小さな頃に虫を観察したり、道端の花や鳥にふと気付いたり。 

 

ただいつしか小さなものは目に入らなくなり、自分の人生に関係のないものとして切り捨てられていく気がします。

 

主人公の男性は、幼少の頃より小鳥に心奪われ、小鳥と時折触れ合うだけの、慎ましい人生を送っていきます。

とある洋館の管理人を生業とし、障がいを持つ弟の世話をし、古びた家で生活を営む。

その生涯に奇跡らしい奇跡は一つも起こりません。そして誰に看取られることもなく、古びた家で亡くなっているのを死後しばらくして見付けられます。

 

誰に勝たなくてもいい、ささやかでも小さな幸せを噛み締めていけばいいんだ。と、言うようなありふれたメッセージが込められているとは思いません。

 

作中の男性のように、ただただ小さなものに目を向けていく。そんな不思議な読後感のある文章です。

ことり (朝日文庫)

ことり (朝日文庫)

 

 

余命10年 / 小坂 流加

この本の著者は、もうこの世にいません。あなたは余命を宣告されたら、何を考え、どのような行動を取ろうと思いますか?
 
病気をテーマにした作品は数多くあります。
 
しかし、余命10年を宣告されたのが二十歳の女性で、しかも当の著者本人が本の刊行を待つことなく、すでに亡くなられていることを知ると、本著への感情移入度は否応なく増します。
 
明日死ぬと知れば、今日を全力で生き抜けるかと言えば、中々そうはいきませんよね。一日でやり遂げられることなど、ほとんどないのだから(せいぜいお世話になった人への挨拶くらいでしょうか)。
 
それが残り一年だったら?十年だったら?
やはり途方に暮れると思うんですよ。
全力で駆け抜けるには長過ぎて、何かを始めるにもどこまでできるか検討もつかない。死はいきなり訪れるのではなく、緩慢に身体を蝕んでいく。
 
ましてや二十歳の女性。周囲は就職や恋愛・結婚、出産と人生のイベントを謳歌するのに、自分はよしんば始めたとしても、程なくして終わりを向かえてしまう。それが相手を伴うものならば、一層始めることを躊躇してしまう。
 
そんな葛藤の中、彼女が“始めて”しまった恋愛。
自分で変えることができないリミットを課された恋路に、彼女はどう向き合うのか。そして相手に“真実”を告げるのか。告げるならばどのように?
 
死の準備をするには若すぎる、彼女の周囲への嫉妬や苛立ちの描写がリアルです。自分の嫉妬心に対する自己嫌悪も含めて。著者がどのような病状の時に、どの部分を書いていたかを思うと、胸が痛むばかりです。
 
毎日を全力でとまでは行かないまでも、誰にとっても人生は有限で、終わりはいつ訪れるか分からないことを思い起こさせてくれる良作です。

 

余命10年 (文芸社文庫 NEO こ 5-1)

余命10年 (文芸社文庫 NEO こ 5-1)

 

 

はじめに

読んだ本の備忘録として始めました。

 

①本のタイトル

②オススメ度:星五つ

③感想

 

を予定しています。