ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

東大から刑務所へ /堀江貴文、井川意高

東京大学を卒業してエリートコースを歩んでいたにも関わらず、そろぞれの理由で刑務所に入ることにになった、二人の対談本。

 

自分は2年ほど大王製紙に入社していたことがあるので、井川社長がカジノで100億円以上スッた事件はある意味他人事ではないし、それなりの嫌悪感を今も感じる。

また、学生の頃から株式投資をしているのだが、ライブドア株を少額だが保有していて、ライブドアが潰れた時に、それは紙切れとなったので、若干ホリエモン事件の被害者と言えなくもない笑。

 

井川に関して言えば、本書を読んだ後も納得感はゼロです笑。名門一家で厳しく育てられて東大行って、仕事は手を抜かず赤字の子会社を立て直したって言われてもね。

最近思うんですが、仕事の“成果”ってほんと分かりづらい。売り上げいくら上げたところで部下が何人もつぶれてたら、果たしてその成果の価値はどれほどなんだろうとか。

 

あとは、本当にその人でなければできなかったのかどうか。これはスポーツ選手とかじゃなけりゃ、中々成果の査定がしづらい。井川じゃなきゃできない仕事があったのか知らないけど、少なくともコイツじゃなかったら、一生懸命働いて家族養ってるサラリーマンのなけなしのお金を、カジノとかいうドブに突っ込むことはなかったんじゃないかと。

 

しかもムショ出てからも、アベマTVの坊主麻雀企画で勝ちましたとか言ってるし。別に反省して二度と賭け事をやらず一生しおらしく生きていけとも思わないけど、まあ品がないよなあ。ぶっとんだリミット知らずの人間は面白いけど、コイツは賭け事だけじゃん。借金もムショ行く前に“完済した”とか書いてあるけど、一体誰のカネで返したんだろう。社長になると、法人と個人のカネってそんなに境目ないものなの?ちょっと自分が無知で分からないのですが笑。

 

それに比べてホリエモンの逮捕の方は、どうも目立ちすぎた若者が老害の無理矢理な論理で、犯罪に仕立てあげられた感が否めない。マスコミの寵児だったのが、一転してメディアスクラムでリンチにあった印象もあったし。彼の生い立ちも、ど田舎の一般家庭からパソコン一本でのしあがった、日本には珍しいガッツあるサクセスストーリーですもんね。

尖り過ぎた思想と発言は、物議を醸すこともあるけど、その裏には積み上げた実績のバックボーンが感じられる。今でも民間のロケット打ち上げ事業なんて夢のあることに取り組んでますしね。

 

本書を読んでいる間中、二人のレベルの違いが気になってしょうがなかった笑。なんで仲良く話してられるんだって。まあ彼らの次元にいかなきゃ分からないこともあるんですかね。単純に使い込みを除けば付き合ってて楽しい人間だという、ホリエモンらしい割りきりの範疇なのかな。

 

原発のウソ / 小出裕章

2011年の原発事故当時は津波の報道も多く、情報が溢れすぎていてこの問題について、客観的かつ包摂的に考える余裕がなかった。

 

10年近く経過して、改めて原発事故を振り返ろうと軽い気持ちで本書を手にしたが・・・、改めてあらゆる情報の杜撰さと、自分も含めた我々の忘れっぽさに呆れ帰った。

 

次々と更新される“安全な被曝量”(より危険な数値に)。電力会社と政府、そしてマスコミによって作られた、嘘まみれの“原発安全神話”。賠償を渋る東電、それを助長するシステム。行き場のない、何万年も有害な放射性廃棄物。未だに処理の道筋すら見えない、福島第一原発。帰る場所を失った避難民。未だに稼働を辞めない、数々の原発。そしてその恩恵を被る、都会の人々。

 

もういろんなことが耳タコで、思い出したくもないし、興味もないかも知れないけど、全てが現在進行中です。

自分にできることはわずかだけれども、少なくとも忘れ去ることだけは避けたいですね。

 

ってかドラえもんは原子力で動いてる設定で、鉄腕アトムは原子そのものだよなあ。妹に至ってはウランだし。ホントみんなが、騙されていたんだね。まあ仕方ない、カルチャーは時代を映す鏡だ。負のバトンを受け取った我々世代が、次世代に何を引き継いでいくのかが肝心なのだ。

 

サイコロの旅に行ってきましたよ【東京~神奈川編】

『水曜どうでしょう』が好きすぎて、遂にやってしまいましたアホ企画。ファンなら誰もが知るあの名企画、“サイコロの旅”です。最初はサイコロの出た目だけ各駅停車で進むルールとかを検討していましたが・・、なんか地味かなと思って集合して10分でルール変更!本家と同じ、フリップとサイコロで行き先を決める方式に急遽決定しました笑。

 

目次

  

・当日は朝9:00に東京駅に集合。東京駅の方が、千葉とか埼玉とか神奈川どっちに進むか未知数で面白いかなと思っての立地だったのですが。結局フリップ方式にしたので、あまり意味はなくなりました笑。今回は夏なので、海沿いがいいかなと!

 

記念すべきサイコロ第一投目は、東京駅

選択肢は、

1横浜、2品川、3川崎、4大船、5新杉田、6鶴見です!

適当に決めてる行き先なのであまり意味はないですが、現在地からのアクセスがある程度良く、尚且つ着いたあとに分岐しやすい駅を選びました。そして本家同様、後半にあまり出したくない目を・・笑。

そしてやってしまいました、出た目が5《新杉田》!何があんねん笑?!!横浜が良かったわーと出したヤツをなじりつつ、新杉田へ向かいます。

f:id:honblog:20200902174239j:image

 

・新杉田に到着。百貨店とかはあるけど、まあ特筆すべきところは何もない笑!このままでは撮れ高がヤバイので、早急にサイコロ2投目に臨みます笑。

f:id:honblog:20200902174308j:image

 

新杉田駅でのサイコロ2投目

1鎌倉、2金沢八景、3逗子、4大船、5伊勢佐木長者町、6浦賀

今回ヤバイのは浦賀です。アクセス悪いし遠いし、その後の選択肢も限られる。果たして!

f:id:honblog:20200902174323j:image

 

・やってしまいました。出た目は6の《浦賀》。本家のどうでしょうを観てる時は、あまりのミスターの運の悪さにやらせではないかとも思ったんですが、ガチで出したくない目って出ちゃうんですね!(^-^;

でも路線図的には横浜シーサイドラインには乗ってみたかったので、乗り鉄的に楽しみたいと思います。
f:id:honblog:20200902180803j:image

 

・中々いい景色です、横浜シーサイドライン!天気も上々。八景島シーパラダイス行ったことないのに素通りします笑。
f:id:honblog:20200902180823j:image

f:id:honblog:20200902181807j:image
f:id:honblog:20200902180839j:image 

 

・金沢八景辺りの船着き場。旅感が出てきましたね(^.^)

f:id:honblog:20200902181627j:image

 

・本来ならストイックに浦賀に上陸すべきですが、店があまりないことを危惧して、金沢八景でマグロランチ。乗り換え駅だからとの言い訳です笑。
f:id:honblog:20200902181641j:image

 

・マグロ三種丼。

f:id:honblog:20200902181656j:image

 

・さらに金沢八景の独特の景色を楽しむ。あんな海近くにマンションあって、津波とか大丈夫なのかと思ったけど、金沢八景って航空図で見るとすごい入り江なんですね。
f:id:honblog:20200902181742j:image

 

ただでさえ東京湾の中なのに、
f:id:honblog:20200907142007j:image

 

・更にその中の湾みたいな感じ!独特な風景はこのせいなんですかね。
f:id:honblog:20200907142026j:image


・琵琶島神社を散策。確かに琵琶持ってますな笑。
f:id:honblog:20200903081503j:image

f:id:honblog:20200903081553j:image

 

・気を取り直して、京急線で浦賀に向かいます!

f:id:honblog:20200903122114j:image

 

・着いちゃいました、浦賀駅!
f:id:honblog:20200903081645j:image

 

・タモさんが好きそうな、終点ならではの電車の車止め。
f:id:honblog:20200903081615j:image

f:id:honblog:20200903081709j:image

 

・ペリー上陸の雰囲気はここくらいしかない笑。ペリー公園は久里浜駅の方らしいんですよね。
f:id:honblog:20200903081725j:image

 

・さて、浦賀で何するのかが悩みどころだったんですが、移動中に“浦賀の渡し”なるものがあることを発見。とりあえずそこを目指すことにします。

この浦賀の渡しは観光用ではなく、地域の住民のための公共交通機関らしいんですね。片道200円。確かに対岸に渡るのに湾を回るのは大変か。片道2~3分なんですが、ひっきりなしに運行してました。
f:id:honblog:20200907163233j:image

 

・渡し舟を目指して海沿いを歩く。
f:id:honblog:20200903081750j:image
f:id:honblog:20200903081805j:image

 

・西岸の船着き場。船がいない場合は、ブザーを押すと来てくれる。なんかアナログでいいですね。

f:id:honblog:20200903081824j:image

 

・対岸から渡し舟が向かってきます。
f:id:honblog:20200903081841j:image

f:id:honblog:20200903081857j:image

f:id:honblog:20200903081911j:image

 

・到着!さっそく乗り込みます。
f:id:honblog:20200903081923j:image


f:id:honblog:20200907171112j:image

 

・船内は貸しきり。まあ2分ですけど笑。湾内のせいか、全然揺れません。時間が短いから、とても貴重な時間に感じる。浦賀湾を堪能!
f:id:honblog:20200903081948j:image

 

・東岸に到着。

f:id:honblog:20200903082008j:image

 

・東岸の乗り場にほとんど併設みたいなカフェにお邪魔します。エルマール浦賀テラスカフェ。地元のおばあちゃんの接客が微笑ましい。アイスコーヒーも、その場で注文してから粉から挽いてくれて美味。チーズケーキも美味しかったです。
f:id:honblog:20200903082033j:image

 

・中々おしゃれな店内。店内からは、浦賀湾が望めます。
f:id:honblog:20200903082045j:image

 

・看板犬!
f:id:honblog:20200903120807j:image

 

・東岸の乗り場。
f:id:honblog:20200903082112j:image

 

・海の煌めきがいいですね。
f:id:honblog:20200903121012j:image

 

浦賀駅でのサイコロ3投目

思いの外浦賀を満喫できましたが、サイコロの旅はまだ続行です。

1横浜、2汐入、3鎌倉、4横須賀中央、5逗子、6金谷港(京急久里浜)。

時間の制限もあるので、全体的にかなり置きにいきました笑。ちなみに6の《金谷港》はフェリーで千葉コース!さすがに危険すぎるので、乗り場の京急久里浜を横に書き添えてもし6を出してもごまかそうとの魂胆です笑。
f:id:honblog:20200903120752j:image

 

・無難に2の《汐入》が出ました笑。
f:id:honblog:20200903121908j:image

 

・時間的に夕方近いし、横須賀ビールのクラフトビールが飲みたかったので来ちゃいました。1階でビールを作っていて、ご飯も美味しいんです!毎年来てる笑。
f:id:honblog:20200903120830j:image

 

・刺身盛り合わせ。2000円でこれはお値打ち過ぎる!
f:id:honblog:20200903121925j:image

 

帰りのサイコロ。汐入駅でサイコロ第4投目

・お酒飲んじゃったのでこれでおしまいかと思いきや、まだ時間も浅いし、都内に帰るついでにサイコロやればいいじゃないかと。

1浜松町、2神楽坂、3戸越銀座、4としまえん、5虎ノ門ヒルズ、6高縄ゲートウェイ。

どれでもいいけど、としまえん駅ってなにかあるの?笑
f:id:honblog:20200903120902j:image

 

戸越銀座に決定!五反田駅で乗り換え。ホームの先端が、なんか鳥居っぽい。
f:id:honblog:20200903120928j:image

 

・戸越銀座に到着!
f:id:honblog:20200903120942j:image

 

・最後はなぜかダーツバーで締めました笑。
f:id:honblog:20200903120959j:image

f:id:honblog:20200903121950j:image

 

サイコロの旅まとめ

サイコロの旅、第一段としては大成功でした!出ちゃいけない目が出るのも醍醐味ですね。“浦賀の渡し”なんて、こんな機会でもなけりゃ絶対行かない笑。でも思い出の駅になりました。

目的地を目指すのでなく、道中を楽しむ。そしてサイコロというエンタメというかギャンブル性。そして、普段は降りることのない駅で降りる目新しさ。テレビ番組のパクリ企画ですが、中々面白かったです!

何より、こんなしょうもない企画を楽しむ余裕があるメンバーで良かったです。独身から子持ちまで、立場も職業もバラバラな面子ですが。1日空ければ参加できるし、近場なのに大変濃密な時間でした。

今回は夏なので海沿いを目指しましたが、次回は北の方に行こうかと。ある程度の方面は決めた方が良さそうなので、大宮集合とかにしようかな。大阪編などの提案も出ましたが笑。

もし次回があれば、またご報告します!(^.^)

 

星のロミの漫画村事件にも言及 「暴走するネット広告」 / NHK取材班

もうネットを全く見ない日ってなかなかないですよね。ってことは、少なからず毎日目にしているのが、“ネット広告”。

 

yahooのトップページに出てるような、ある種ちゃんとした広告も多くあると思いますが、色々とネットサーフィンしてると、怪しげな広告が表示されることも多々ありますよね。

 

以前だったらエロサイトとか、いかにも怪しげなページに表示されることが多かったと思うんですが、今は普通の例えば個人のブログとかそういった場所にも、色んな広告が掲載されるようになってます。

 

よく目にするのが、ダイエットとか美容の広告ですね。エロほど表示するのにリスクがなく、ジャンルも化粧品からサプリまでと幅広く、引っ掛けやすいんでしょうね。

まあ効果云々はおいといて、“あの芸能人も使っている!”とか語っているのは、違法の可能性が高いですね。

本書によると、芸能人本人の許諾を得ていないものがかなり多いらしいです。

 

なぜそんなことになってしまうのか。多くの広告は自分のHPに掲載するならともかく、代理店などを通して、不特定多数のページに掲載する形になっている。いくつもの下請けを通すうちに、広告主の企業が、どこに自社の広告が掲載されているのかを追跡するのが困難になるらしい。

新聞を越え、今やテレビの広告料を抜き去るのが確実な、ネット広告の世界は、未だシステムの段階では未開発で様々な課題を抱えている。

 

もう一つ興味深かったのは、あらゆるマンガを違法に掲載していた“漫画村”の件。サイト運営者を追跡してアメリカのアリゾナ州から、果てはウクライナのサーバー会社までに行き着く様子を見ると、以下にネットの中での追跡作業が困難か思い知らされる。日本の銀行や大企業も、自社では全く追いきれてないわけですからね。

本書の段階では逮捕されていなかったが、後日漫画村の経営者、星野ロミはフィリピンで捕まってましたよね(偽名じゃなかったことには驚かされたが)。ただ、漫画村の件は違法掲載の問題と同時に、日本がマンガという文化を、週刊誌や単行本以外で、どう収益化し、製作者達の生活を守っていくかという課題を、突きつける形にもなったと思う。

 

こうしたネット犯罪を取り締まるには、ウィザード級ハッカーとかじゃないと無理じゃね?って気がしちゃう。すいません、最近攻殻機動隊を見ているもので笑。

 

資本主義こそが究極の革命である 市場から社会を変えるイノベーターたち

8人のベンチャー企業家とか実業家と、著者の宇野常寛の対談をまとめた一冊。

ベンチャーとかスタートアップ界隈って、単なるサラリーマンの自分としては興味や憧れがあるんだけど、このスピード感を見るに、きっと水が合わないだろうなと思う。

 

本業でもやる事務のバリエーションが増えると、正直かったるいですからね。今の仕事もとりわけ向いているとも思ってないけど、じゃあ何ができるのかってのは、未だにピンと来ない。いい年こいて、まだ“自分探し(笑)”してるのかよって、いつも自分に突っ込んでいる。

 

人が思い付かないニッチな事業を探して、それを実現させていく行動力はすさまじい。ただ自分はあちら側の人間では、今のところないような気がする。

何がしたいかな、いい文章を書くとか、ハッとする写真を撮りたいとか。漠然としているし、人生はそこまで長くはない。何かふっと見いだすことができればいいとは思うが。それには、あらゆることに、首を突っ込んでいくしかないんだろうな。