ザ本ブログ

読書をメインに。他、雑記などをアップしていきます。

水沢ダウンを購入した

最近カンブリア宮殿で特集していた、デサントの水沢ダウンがどうしても欲しくなったんです。
自慢じゃないですが、冬の寒さにはめっぽう弱く(暑いのも嫌いだけど)、年々冬の活動量が減っていることは自覚していたので、これはどげんかせんといかんと。
また前年に職場の同僚がカナダグースを着始めたら冬が暑いなどとのたまっていたので、あったかいダウンが欲しいとは、ここ1年くらい思っていたんですよ。


前年に踏み切らなかった理由は、すでにちょっとお高めのダウン(ミシェルクラン・50,000円)を持っていて、それなりに満足していたことと、やはりカナダグースもダウンの弱点である、「水に弱い」点を克服できていなかったことにあります。水に弱いんだったら、今のと性能的にはそこまで変わらんなと。

 

活動量が落ちていた原因には、雨の時にいいダウンを着ていくのが嫌だったのと、靴も防水じゃなかったのもちょっとあるんですよね。人間予定がなくても外に出て行かなくては、中々活発にはなれないものです。


そんな折、遂に発見しちゃったんですねー。雨対応ダウン。その名も「水沢ダウン」。発見ってかテレビで見ただけですが。
何年も前からあったのでしょうが、なんせファッションに疎いもので(先日も阪急メンズ館で店員にニットとセーターの違いを聞いて、「同じです」と即答されたり)。
上下ヒートテック着用で、シャツとニット、その上にダウンを着ても寒くて外出が億劫だったので、これは本格的に検討に入ろう!高いものなので、以下の様な手順を考案した。

 

①まずはネットで調べる
そもそも水沢ダウンでいいのか。水沢ダウンのモデルや相場を知る。

 

②ショップで試着し、説明を直接受ける
安いものなら、お試しで買っちゃうんですがね。この金額は着て説明を受けないとちょっと怖い。
本当に温かいのかとか、着膨れしないかとか。

 

③いざ購入! 
店舗で買ってもいいけど、できればネットでポイント付けたり、メルカリとか古着屋で安く購入できたら、尚良い。
 
東京のデサントの専門店は、東京駅と代官山駅だけみたいだ(原宿店は閉店)。
手始めに、比較的近い東京駅の店舗へ。

 

ちょっと狭いし、土日でカンブリア放映直後なので混んでいる!
じっくり試したいので、これは出直そう。

 

お次は、平日の代官山店へ。 

https://www.descenteblanc.com/post/129781469469

www.descenteblanc.com

比較的店舗が広く、品ぞろえは良い。何より客が少ない(平日だから当たり前)。
さて、色々試しちゃうぞー!ってなところで、まずは現状の水沢ダウン(メンズ)のモデルの解説。
スポーツブランドなのでアウター以外も色々あるんですが、今回はダウンの焦点を絞って。
店で試着できたモデルは以下の3種類。

 

マウンテニア 105,840円


 

最新モデルでとにかく暖かいとの評判。試着してみたけど、確かに暖かい気がする(店の中で試着しても中々分からないですよね)!
少し着膨れ感はありますかね。もちろん防水です。
 
アンカー 81,000円

初期からある人気モデル。少し丈が長い感じですかね。防水あり。


シャトル 91,800円

3つの中では最もスッキリしたスタイルでした。ダウンの量も一番少ないらしいが、店員さん曰くどれも防寒性はさほど変わらないとのこと。防水あり。

 

気になるモデルを、全て試着することができて良かった。しかし分かっていたことだが、どれも値が張るなあ笑。
定価でも売り切れ続出の人気商品なので、中古は中々ないだろうけど、一応は探してみることにする。
散々試着して説明を聞いたあと、即断は危険と思い、一旦店を出て最寄りのカフェへ。

 

とりあえずお馴染み楽天さんで検索をする。そしたら、あらまあ、あるじゃないの!
一点限りの、中古のブラックのシャトル・モデル。美品。
定価なら税込10万のところ、税込77,000円しかも楽天ポイント8,000円。実質69,000円の30,000円引き。

 

それでも高い買い物だから、躊躇しましたけどね!でも、これ以上いい条件は滅多に巡り会えないだろうと決断。
買っちゃいました、水沢ダウン・シャトル・ブラック。
届いた翌日から、早速通勤に着用。いやー、コレは。暖かさのケタが違う。外気が寒いのは分かるんだけど、完全にシャットアウトされてるのが分かります。今までもかなりいいダウン着てたので、外出た直後は違いがよく分からなかったですけど、風が吹き付けてきたりすると実感しますね。この守られてる感じ。

エヴァ弐号機のアスカかよ(古い)

 

体が冷えてる状態で着ると、流石にすぐには暖かくはないんですがね。ただ歩いたり、電車とか室内で一旦暖まると、それを失うことなく持続(保温)できる感じですね。
温かさのレベルとしては、スキーウェアを想像していただけるといいかも。
ここまで暖かいと、着れる時期や場所が限定されてしまいそうですが(暑くなり過ぎる)、その対応策もバッチリ!

 

なんと脇にファスナーが付いていて(開けるとメッシ生地の素材が露出する)、通気性を確保することができるんです。
不快な熱気は、脇に留まりやすいとのことでの心憎い配慮。さらに、前面のファスナーも二重になっていて、メッシュ生地で通気性も持たせる着こなしができます。
また雨風対策として、フードの裏に付いているリールを回転させると、フードをキツく締めることができて、冷気や雨を入りづらくすることができます。いやー、ギミック萌え。

 

買ってから、2週間近く経ちましたが、大満足!ホント寒がりで、いつも凍えるのを気にしていたんですが、ふとした瞬間に寒いことを忘れているのに気付くんですよね。本当にありがたい。
7万だろうが10万だろうが、全く高い買い物だと思わないです。安く買えてラッキー笑。
冷え症とか、冬が苦手のそこのアナタ!水沢ダウン、本当にお勧めです(^^♪

 

このサイトが一番よくまとまっていたかも知れない。

その他にも、色んなモデルがあります。

暖かさは大差ないとして、後は見た目等のお好みなんでしょうね。